セールスを教えてもらうはずだったのに気付いたら雀荘で爆勝ちしてた話

こんにちは、さわちゃんです。

 

今日の記事は、簡潔にいうと

あ…ありのまま 今起こったことを話すぜ!

「ビジネス交流会で知り合った方からセールスの方法について教えてもらっていたら、気付いたらフリー雀荘で同卓者をボコボコにしていた」

な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった……… 恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ………

っていう記事です。

(個人的にこのコピペのテンプレ、汎用性あって好きです。笑)

 

直近の記事でも書いた気がしますが、

僕は最近、いろんな新しいことに臆せず挑戦するようにしてます。

例えば、相席居酒屋に行ってみたり、風俗行ったり、おしゃれなバーに行ってみたり。

 

なんでわざわざこんなことしてるかっていうと、確かに多少の不安はあったりしますが、やっぱり今まで経験したことないことするっていう刺激にトリコになってしまったからです。笑

だし、何か経験するたび、経験してなかったことに勝手に変な偏見持って避けてただけだったんだなぁ〜って毎回思います。

なので、最近は、とにかく”知らない世界を知りたい”欲求に僕は動かされてます。

 

そんな中の1つとして最近、起業されてる社会人とのビジネス交流飲み会みたいなのにご縁があって招待させていただいたので、ちょうどこの前その交流会に行ってきました。

 

結構いろんな方がいらっしゃいましたね。

オフラインの店舗経営をしてる方、個人事業主で他社商品のセールスをされてる方、人材派遣の会社をお持ちの方などなど、ごろごろ社長さんがいるような会でして、

最初数十分はチキって何にも話せなかったんですが、逃げないマインドを思い出して、最終的には4,5人の方と結構濃いお話をすることができました。

 

 

その中でも、30代後半の保険のセールスをされている方のと話が一番盛り上がり、後日ご飯でも行って情報交換しよう、ということになったんです。

会社で培ったテクニックで結構社内でもかなりいい業績を出されているらしく、そのご飯の日をめちゃくちゃ楽しみにしていました。

 

それで、そのご飯が、まさに昨日だったんです。

 

それで、僕が改めて経歴や趣味とかを話していたら、

(僕はめちゃくちゃ麻雀が好きなのですが、)

その方も麻雀が好きで営業の合間に雀荘に行ってるほどだ、と言う話になったんです。

 

でも大学で周りに打てる奴もいないし、雀荘とかチキって行ったことないんすよねー

みたいな話をしたら、

じゃあ今から行く?俺がコツ教えてやんよ!

みたいになりまして笑、いつのまにか2人で保険のことなどそっちのけで雀荘の話とかしてました。

ここは知ってる人だけ見てもらえばいいですがその方と話しててめちゃくちゃ勉強になったのは例えば雀荘はオカがあるのでネット麻雀とは違いトップ取りが重要なことや点数よりも着順を重視するべきとか30符4翻は7700じゃなくて8000になるとかレートによってどのくらいの平均順位なら収支がトントンになるのかとか手出し見たり人読みしたり結構マナーが厳しかったりペースの早さに飲まれていつも通り打てなかったり点数計算もできれば一瞬で役名も言わず指も折らずできた方が良かったり箱飛び終了だから点棒状況常に気にしないといけなかったり赤裏一発は祝儀があったり役満も祝儀があったり自動卓は結構扱いに慣れないとそこに意識持ってかれて集中できなくなっちゃったり全然雀荘やレートによって打ち方戦略は変えるべきみたいな色んなことを教えてもらってめちゃくちゃ勉強になったし面白かったですってか僕麻雀のことならいくらでも文章書けるなあ麻雀に特化したブログでも作ろうかな

 

もし少し前の僕だったら、こんなところでそろそろ保険の話を…

みたいになってたかと思うのですが、

先ほど書いたように僕の今のマインドは”知らない世界を知る”だったので、

今から行こうか、と言われたとき、二つ返事でOKしてしまいました笑

 

そして初めてフリーで見知らぬ人と打って見ましたが、

最初の半荘こそ緊張してしまって空気に飲まれてしまいましたが、

ビギナーズラックなのかツイていたのか、5半荘で3-2-1-1-1とかいう十分すぎるほどの結果を残せました。

(ちなみに、レートは点5のところでしたが場代を引いても7000円ほどプラスでした笑)

 

ちなみに、わかる人だけわかればいいんですが、
一番印象的だったのは、3半荘目のある1局始まる前に、配牌も見ずにトイレに行くためメンバーの方に代走を頼んだんです。それで、5順目くらいのところでトイレから帰ってきたら、「ごめん沢野さん、3つも鳴いちゃった笑」とか言ってて見てみたらこんな牌姿になってて超びびりましたね笑
南南白白 三索三索三索 發發發 中中中
結果この後は、対面の方から南が出て、大三元じゃなかったのが惜しいところですが倍満16000を出上がることができました。いやー、ただのラッキーパンチでしたが、こんなこともあるもんですね。僕はあまり流れとかを信じないタチですが、実際この上がりからポンポン上がれるようになった感があります。やっぱ麻雀って楽しいっすね。

 

ってな感じで、タイトルの謎を回収できたところでこの記事は終わろうかと思うんですが、

 

別に僕の自己満でこんな記事を書いたわけではなくて、

経験したことないこと、偏見があってなんとなく避けてること、って誰にでもあると思うんです。

ギャンブルとか風俗とかタバコとか、一回でも始めたら人生終了する、みたいな偏見持ったりしてません?

 

それでなくても、もっと身近な例で言えば、

高級そうでちょっと入りづらいカフェとか、

話しかけたいけど勇気が出なくて話せない人、

嫌いだと思いこんでる食べ物、

時間があればやろうと思ってた資格の勉強、

とか。

 

なんか明確な理由があるわけじゃないけど、先延ばしにしちゃってることとかも当てはまりますが、

 

あーだこーだ頭の中で想像するよりも、実際に一歩足を踏み入れてこそ体感できることってあると思うんですよね。

実際僕も、雀荘のイメージって、

めっちゃタバコ臭くて、怖そうなおじさんとかがうじゃうじゃいて、カモにしてる玄人みたいな人もいて、超殺伐としてる…

みたいなイメージを持ってましたが、

 

まあタバコ臭いのはイメージ通りでしたが笑、メンバーの方もお客さんもすごい優しい方ばかりで、

(点数計算などもたついた時、丁寧に教えたりしてくれました)

想像より女性も結構居たし、みなさんちゃんとマナーを守ってやってらっしゃるのでとても居心地のいい場所でしたね。自動卓の便利さもはじめて体感しました笑

 

みたいな感じで、

何事もやってみないとわからん!なんてことは、何にでも当てはまる

と思うんです。

 

なんかすげー当たり前なこと言ってる気がしますが、

日々の生活に慣れてしまってるからこそ、

いつもの毎日という安心に逃げてしまってるからこそ、

今一度こういう基本を思い返してみて、実際行動してみたりすると、

それだけで毎日めっちゃ楽しくなります。

 

最近の僕は、うわー、こんな世界が、こんな生き方してる人が、こんな場所が…みたいな発見ばかりなんで、ほんと楽しくてしょうがないです。

だし、もっと知らないこといっぱいあるんだと思うと超ワクワクします。

 

これを読んでいるあなたも、

学生であっても社会人であっても、自分の将来がなんとなくでも想像できちゃったりしません?

数年後はこんなことしてるんだろうなー。みたいな。

社会人だと特に、自分もゆくゆくは、身も心も上司みたいになるんだろうなーみたいな。

 

その上司が憧れの存在なのであれば問題ないですが、

もし少しでもそういう未来を、どうせ自分は…みたいな、諦めのような感情を持って未来を見据えてるとしたら、

それ結構もったいないんじゃないかなーって僕は思います。

 

もしアドラー心理学の「嫌われる勇気」の哲人だったら、

“いつもと同じ・みんなと同じ”に安住して、挑戦する”勇気”を持たない人は、

それを自分自身で改め直そうとしない限り、必ず後悔を残して人生を終えます。

みたいなことをいいそうです。笑

 

 

今日の記事は、

生き方は本人の自由なので、そう強制することはできませんが、

僕はこういう考え方で日々過ごしてますーみたいなところから、

一人でも多くの人が心を動かされて、人生を変えるきっかけになったらいいなーとか思って書いてみました。

 

もし感想とかあればコメント欄にでもどうぞ!

 

ではー、さわちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です